地方自治のかかえる障害などについて勉強した

田園自治などについて実習しました。全国の自治体がかかえる争点には恩恵、ファイナンス、、過疎戦法、農林水産稼業、公物事、景気、自治体チェンジなどがあげられます。これらの争点は、自治体のキャパシティ(都道府県、市町村、特殊区)によっても違いがみられますが恩恵、ファイナンスなどは全国的に共通した大きな難儀だ。少子高齢世間をむかえ、介護保険体系が導入されたが自治体の中には、恩恵だけではなく塵加工などの景気対策の面でも自治体接待の限界に苦慮している地方自治体も少なくありません。田園自治の中で更に注目されるのが、地域住民による自ら参入だ。町民は、自治体の首長や議会の議員に対する選挙資格を持つだけでなく、イニシアティブ(町民進言)・回収(町民解職)・レファレンダム(町民投票)などの自らオファー資格が認められています。町民投票法規に基づく町民投票は、投票結果に法的制約力を握りしめません。知らないことばかりで勉強して良かったです。キレイモ 効果